生産性って、売上アップでも残業時間短縮でもないんです! ユニリーバ・ジャパン 島田由香さん


私がたどり着いた答えは「幸性(しあわせ〜)」という言葉です。もちろん、「幸せ」と「生産性」をかけています。こちらの方が「生産性」という言葉よりもクスっと笑えてワクワクしますよね。

ですので、私は社員に「生産性を高めてください」ではなく、「あなたが幸せである状態を目指してください」と伝えています。カリフォルニア大学の心理学者ソニア・リュボミアスキーは、20年間の研究の結果、幸せな人は、幸せでない人より営業成績が37%高いという結果を出しています。さらには、創造力は3倍にも伸びたという結果が出たのです。

今、多くの企業が「イノベーション」を求めていますが、創造力がなければイノベーションなど起きません。幸せでいることで営業成績が上がり、生産性や創造性も高まり、イノベーションが起こるのであれば、私たちは幸せでいればいいのではないでしょうか。これが、私の答えです。

全文はコチラから。