あなたの幸せを脅かす 脳に残る原始時代の「バグ」

私は最近、幸せについてよく考えている。というのも、幸せそうな人がほとんどいないからだ。私たちの思考は行動を左右するため、幸せはリーダーや起業家、ビジネス専門家、学生など、誰にとっても重要な話題だ。神経科学と認知心理学の分野では、悲観的な態度でいるとキャリアが失敗し、楽観的な見通しを持てば成功しやすいことが分かっている。

グーグルの先進的イノベーション部門、グーグルXの最高ビジネス責任者を務める元エンジニアのモー・ガウダットも、私のように幸せにこだわりを持っている。ガウダットは12年間かけて幸せの科学を研究した。それが試される時が来たのは、息子のアリを防げたはずの医療ミスで亡くしたときだ。

ガウダットは、幸福の追求と自己の研究の成果を著書『Solve for Happy(幸せを解く)』で明らかにしている。同書は、喜びのある人生を追求する上で私が直面した多くの疑問に答えてくれた。

私はポジティブ心理学の父であるマーティン・セリグマン博士や、自己啓発コーチのトニー・ロビンズ、喜びにあふれた起業家のリチャード・ブランソン、そしてスティーブン・ピンカーのような認知心理学者に話を聞いたことがある。ピンカーは、現代社会の全てについて楽観や感謝、幸せを感じるべきだと考える人物だ。

現在私は、以前よりもずっと上手に自分を幸せな精神状態に置くことができ、ほぼ即座に気持ちの切り替えができるようになったが、この段階に至るまでには何年もかかった。過去には「ポジティブさを維持するのになぜ努力が必要なのか?」とよく考えたものだが、ガウダットによると、これは至って普通のことのようだ。

「心配するのは脳の初期設定」とガウダットは書いている。「さまざまな研究から、人間はポジティブ思考よりもネガティブ思考(自己批判、悲観、恐怖心)になりがちなことが分かっている。大半の人は、ほとんどの時間をネガティブな状態で過ごしている」

悲観的になりがちな傾向は、人間の原始的な脳の名残だ。ネガティブ思考はかつて進化に役立ったものの、現代ではむしろコンピューターのバグのようになった。ガウダットによると、人間の脳は脅威を探すようにできており、その唯一の目的は「生存」だ。私たちの祖先があまりに楽観的だったら、人類は生き残らなかっただろう。

page: 2

私たちの脳は、不具合を見つけ、問題を探し、批判・判断し、不平を言うようにプログラムされている。仕事に熱意を感じているか、満足しているか、喜びを感じているか、幸せかどうかは関係ない。脳の目的は防御であり、励ましではないのだ。

しかしガウダットによると、私たちの生活はほぼポジティブなものでできている。それを無視して、脳の初期設定どおりにネガティブなことに集中すれば、誤った決断を下してしまい、享受できたはずのものを失ってしまう。

心理学者はこれを「ネガティビティー・バイアス」と呼ぶ。ネガティブな経験はポジティブな経験に比べ、人間の精神にはるかに強い感情的影響を及ぼす、というものだ。これにより、利益を得るよりも損失を避ける方を選ぶ「損失回避」の状態に至る。

ガウダットの分析から、私は思考や行動に関する自分の経験を思い出した。高校卒業を控えた私は、進学先としてカリフォルニア州立大学ロサンゼルス校を第1に志望していたが、学校の進路指導員や複数の友人から絶対に無理だと言われた。私はネガティビティー・バイアスにまんまとはまり、不合格という損失を避けるため出願をためらっていた。

締め切り日が迫ると、何事にも良い側面を見いだすイタリア人移民の父から、挑戦してみるよう説得された。「入学できなくても何も変わらない。でも合格できたら、幸せになれるだろう」と父は言った。

そして私は出願し……不合格となった。可もなく不可もない成績だったからだ。しかし、そこで予期せぬことが起きた。私にユニークな経験と才能があると考えたある教授が、自分のプログラムに入るようにと電話をくれたのだ。

「もう一度出願し直しましょうか」と聞くと「その必要はない。事務局には話してある。すでに入学許可は出ている。新学期に会おう」との答えが返ってきた。

父との一度の会話が、私の考えを変えた。私の考えが、行動を変えた。私の行動が、人生を変えた。これがポジティブ思考の機能する仕組みだ。

ガウダットによると、私たちには悲しみや苦しみ、不安、懸念を長引かせる力がある。しかし幸運なことに、私たちにはこのシステムを「デバッグ」(バグを見つけて修正)する能力もある。

幸せになれるかどうかは、あらゆる考えをどうやってコントロールするかにかかっている、とガウダットは言う。前向きで喜びにあふれた幸せな将来は、そこに考えを向けさえすれば、手の届くところにあるのだ。